またに浮かん

6月 10th, 2015 by junyouyuyitp

花が咲き、それだけの音を残し、人生で最も美しい瞬间、縁聚縁、特有の旋律が滅入っ中点についての下で最も感傷的な面があった。昨日の泣くのは旅に出て今日を諦めの笑颜で、运命は时间の足は、ヘル银鞭下りて行く告白しよう。音楽の旋律を囲んで、独自の时间にその存在を木曲がそれの鼓動もでいるように、私は曲線の横の上に探してスタンスに当たり、一点にきた时と违う感じだった。直線のようだったわけではないないならば、そのような風順のじゃなくて、帆もが波のように海の中でて小さな微大な静けさと波だった。

学んではになったのは、も!どこで学はすべて学だけを向け、なんで勉强したら?想像は自分の専攻は何の役にも立たないなら、世界あんなに大きいなところには、いつもそれの独特な存在しなかった。活到老,学到老だった。私たちが幅を利かしてはいずれも、勉强して、ただ自分の価値は大は小さい。生涯、1件の事ができない感慨を自分で自分の人生の意味がないよ!

入門後になってからではあきらめず、捜したではない、と迷ったんです。点火お歌木曲、彼を探しならではの道を歩んだ

Hello world!

6月 10th, 2015 by junyouyuyitp

Welcome to Ex5.biz. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!